バハマ諸島 エルーセラ島の最南部 プリンセス・ケイズ(Princess cays)を満喫!~後編~|izumanix 
IZUMANIX


バハマ諸島 エルーセラ島の最南部 プリンセス・ケイズ(Princess cays)を満喫!~前編~の続きです。

北米デビューをした14万トンクラスの新造船『リーガル・プリンセス』が、初の東カリブ海クルーズへ!
目的地は、バハマ諸島 エルーセラ島の最南部に位置するプリンセス・ケイズです。

全長約160キロ、全幅3.2キロのエルーセラ島には、手つかずの美しいビーチが広がっていて、
プリンセス・ケイズは、その島の南に位置し、総面積16ヘクタール、およそ800メートルの4つの岩礁からなる、
プリンセス・クルーズ』のゲスト専用のプライベートビーチです。


プリンセス・ケイズ後編では、BBQやフルーツのビュッフェ、ビーチの様子などをお伝えしますね。





美しいプリンス・ケイズの景観に魅了されながらも・・・早くもお腹が空いてきました(笑)
プリンセス・ケイズでは、BBQやフルーツなどの盛りだくさんランチビュッフェが振る舞われるのですが、
実は、BBQがふるまわれる食事エリアが、プリンス・ケイズ内に数カ所も設けられています。





少し散策しながら、何カ所かあるうちの一つのBBQビュッフェエリアに到着。





ビュッフェ形式で焼きたてのお肉や色んな野菜を好きなようにセレクトします。
バンズもあるので、お好みでトマトやピクルスなどを挟んでハンバーガーも作れますよ♪





お肉は、ビーフ、ポーク、チキン、ソーセージが数種。そして魚もありました。





『リーガル・プリンセス』を眺めながら・・・いただきまーす!





朝食は船内でたっぷり食べたため、私としてはかなり控えめな量です。
外国人の皆さんは、もっと沢山の量を盛っていましたね・・・。



食材等は『リーガル・プリンセス』から搬入し、出来たてを調理してくれるから凄く美味しい!

『リーガル・プリンセス』が全ての管理をしているから、調理や食事内容がとても行き届いていて安心!
『リーガル・プリンセス』はオールインクルーシブだけあって、プリンセス・ケイズで過ごす時の料理だって無料!
(特に食券みたいなものでチェックすることもなく、いつでもどのBBQビュッフェを好きなだけ食べられます♪)



ちなみに、フチ子さんは付いてきません(私が日本から連れてきました・・・笑)





ランチ料理を控えめにしていた理由は、充実したレパートリーのフルーツコーナーを見つけていたから!





ド迫力なフルーツの量!とても贅沢ー!!!!(もちろん無料です!)





お気に召すまで、好きなだけ、フルーツをたっぷり食べられるのは幸せです♪







お腹がイッパイになった後は、再びのほほーんとお散歩です♪









バーカウンターも数カ所あります。ただし、アルコール類は有料です。





BBQビュッフェエリアに無料のティーやレモネードもちゃんとありますが、
それとは別に、有料の缶ジュースなどを購入することも出来ます。





青い空と海、眩しい日差し・・・ビーチ好きにはたまりません!!!







歩き回ってのどが渇くと困るので、私は日本からお気に入りのThermo MY BOTTLEを持参。
冷えた飲み物を入れて持ち歩くには、やっぱりマイボトルが便利ですよね・・・♪







見晴台を発見したので、さっそく登ってみましたよ。





見晴台の上からは、プリンセス・ケイズのビーチを一望できます。





ビーチと反対側には・・・湖でしょうか???気になりますね。





さらに散策してみます。飲み物を運んでいるのはスタッフで、ゲストのオーダーに応えて何処かに運んでいくみたい♪





カラフルな小屋は、プライベートバンガロー!こちらはあらかじめ予約(レンタル)をして使用します。



プリンセス・ケイズでシュノーケルなどのアクティビティや、バンガローレンタルをしたい時は、
事前にショアエクスカーション(寄港地観光)より申し込みましょう。

ここで補足!ショアエクスカーションは沢山の種類があって、それぞれ人気がもの凄く高いみたい!
項目ごとに定員が決まっていることが多いので、事前予約で埋まってしまうことがあるそうです・・・。
クルーズ旅が決まったならば、ショアエクスカーションは早めに申し込んでおくのがベストです!









プリンセス・ケイズを更に奥にすすんでいくと、人も少なくて静かです。









海で遊ぶ道具や浮き輪などを借りられるカウンターもありました。





アクアバイク、カヤック、バナナボートなどのショアエクスカーション(寄港地観光)インフォメーション。





どこを撮影しても絵になりますね・・・フォトジェニックな景観に感動しっぱなしです。















プリンセス・ケイズでたっぷり楽しんだ後は、再びテンダーボートに乗って『リーガル・プリンセス』へ戻ります。





テンダーボートへ乗る前には、冷えたおしぼりが配られました。ステキなおもてなしで・・・嬉しい!
(有り難いサービスですよね!一瞬、日本にいるかと勘違いしちゃうくらい!)









プリンセス・ケイズへ向かう行きテンダーボートでは1階席(窓有り)に乗りましたが、
『リーガル・プリンセス』へ戻る時は、見晴らしが良くて風の気持ち良い2階に乗船しました。
(係の人に2階席でもOKかを聞いたら、座席が空いていてラッキー!2階席は少なめなので争奪戦!!)





プリンセス・ケイズからどんどん離れていきます・・・(ちょっと寂しい)





私が帰りのテンダーボートに乗船したのは、午後2時半ころ。
午後4時まではプリンセス・ケイズに滞在できるため、まだまだ楽しんでいる方もいますね。





テンダーボートから眺める『リーガル・プリンセス』も最高!!









『リーガル・プリンセス』に乗り込む入り口も見えてきましたよ。





テンダーボートを吊している部分が見られるのも、この『リーガル・プリンセス』のボートを使用しているからこそ。





『リーガル・プリンセス』に乗り込んだら、IDカードのスキャン、荷物検査が行われます。
この流れは、どの寄港地に立ち寄っても必ず行われるとか。



IDカードでゲストの人数などをしっかり管理してくれているので、とても安心ですね。


以上、プリンセス・ケイズでの出来事を、前編と後編にわけてご紹介しました♪

プリンセス・ケイズは、『プリンセス・クルーズ』がしっかりと管理しながらも、
景観を損なわないように配慮された施設が豊富で、とにかく居心地よく過ごすことが出来ました。
遊歩道も歩きやすく、お腹もイッパイ満たされ、素晴らしい景色も眺められ大満足です。

プリンセス・ケイズのエリアは、『プリンセス・クルーズ』のゲスト達だけが利用するため、
海外のビーチといえど、安心して過ごせる点も魅力の一つだと感じます。
(誰もが利用出来る一般的な海外のビーチだと、なにかと注意をはらって行動するので)

あぁ、クルーズの醍醐味でもある、寄港地巡りにはまってしまいそう・・・!
プリンセス・ケイズは再び訪れてみたくもあり、友達にもオススメしたい場所になりました。









リーガル・プリンセス



『プリンセス・クルーズ』史上最大となる14万トンクラス。全客室の80%を占める海側客室は、全室がプライベート・バルコニー付き。海上から40メートルの高さに設置されたガラス張りの回廊「シー・ウォーク」と「シー・ビュー・バー」の他、噴水ショーを彩る「ファウンテン・プール」、洋上初のテレビスタジオ「プリンセス・ライブ」など驚きの新施設が目白押しです。

乗客定員:3,560人
乗務員数:1,346人
総トン数:142,229トン
就航:2014年5月20日 「処女航海 地中海とエーゲ海クルーズ」
命名式典:2014年11月5日 フォートローダデール 東カリブ海クルーズ
     『ラブ・ボート』メイン出演者6名により命名
全長:約330メートル
全高:約66メートル
全幅:約47メートル(シー・ウォークを含む)
デッキ数:19
喫水:約8.5メートル
航海速度:22ノット(時速 約41km)
URL:http://www.princesscruises.jp/ships/royal-class/


プリンセス・クルーズ
クルーズ業界で最もよく知られる名前の一つであるプリンセス・クルーズは、現在18隻の近代的な客船を運航する、世界的なクルーズ会社。革新的なデザインの客船で、食事やエンターテイメント、アメニティーの豊富な選択肢を、最上級のサービスとともに提供している。
世界的なクルーズ会社のリーダーとして、年間170万人のお客様を世界中の目的地に向けて、4泊から111泊のクルーズを運航している。

WebSite:http://www.princesscruises.jp
Facbook:https://www.facebook.com/PrincessCruises.JP
Twitter:https://twitter.com/PrincessCruisJP
YouTube:https://www.youtube.com/user/PrincessCruisesJP/feed

※2016年日本発着クルーズ『ダイヤモンド・プリンセス』コースの一覧はコチラ




izumin


最近の記事一覧