【ロイヤル・プリンセス 地中海とエーゲ海クルーズ 旅行記 Part7】ロイヤル・プリンセスの魅力をまとめてみました 
【ロイヤル・プリンセス 地中海とエーゲ海クルーズ 旅行記 Part7】ロイヤル・プリンセスの魅力をまとめてみました
人生初の海外クルーズを検討している方から、「日本人でも安心して楽しめるのか?」「船旅って暇じゃない?」「無料の食事は飽きない?」といった声を聞くことがあります。
実は、私が初めての海外クルーズを経験する前にも同様のことを考えていました。
数日に渡って過ごすクルーズ旅とは、ただの移動手段のみとしては捉えられてないので、いろんな質問や疑問が生じるのも普通の感覚だと思います。



ということで、私が「地中海とエーゲ海クルーズ」で乗船した、プリンセス・クルーズが誇る最大の大型客船『ロイヤル・プリンセス』を例にして、良かったポイントを本記事にまとめてみます。


充実した日本語サービスが満載で初海外クルーズも安心!
プリンセス・クルーズのヨーロッパクルーズやアラスカクルーズでは、日本語サービスが充実しています。
例えば、毎日発行される日本語対応の船内新聞「プリンセス・パター」もその一つ。船内での1日のプログラムやイベントのスケジュール、食事の時間、特別なインフォメーション、夜のドレスコード(服装のアドバイス)など、クルーズ中のアクティビティスケジュールが日本語で掲載されています。



以前、英語バージョンの「プリンセス・パター」も手にしたことがあるのですが、やはり日本語だと断然分かりやすい! どうやら、日本人スタッフが日々翻訳しているそうです。


そして、無料のウェブ・アプリ「Princess@Sea」も日本語に対応。
自分のスマートフォンに毎日の船内イベントやスケジュール、チャット機能などが搭載されたアプリも非常に見やすいです。




なにより心強いのが、日本語が話せるスタッフが乗船していること。
通常はツアーデスクに在中しているので、何か困ったことや質問があれば、直ぐさま対応してくれます。
私が『ロイヤル・プリンセス』に乗船した時は、一人の日本人インターナショナル・ホステスを中心に、ショップなどで働く日本人スタッフ数名が乗船していました。



客室から指定の内線をかければ、日本語が話せるスタッフにも繋いで貰えるのも、安心出来るポイント!
朝早くの客室でオロオロすること(←自分のミスです!汗)もあったのですが、日本人スタッフと話せたことで、とてもホッとしたのを今でも覚えています。


さらには、メイン・ダイニングの食事メニューに関しても、日本語メニューが用意されています。




食材や味付けが具体的に日本語で表記されているだけで、イメージも沸きやすいですよね!
海外旅行ではちょっと分からないままオーダーするのも面白かったりするのですが、分かりやすいに限ります。










もちろん、アルコール類も日本語メニューに対応。



様々な日本語サービスに対応していることで、初の海外クルーズでも不安なく過ごせるのが何よりです。


驚くばかりの非日常体験を満喫出来るナイトライフ


『ロイヤル・プリンセス』での船上ライフが、最も煌びやかに輝くナイトタイム。
航海中の夜にあちらこちらで開催されるイベントをどれだけコンプリートするかが、クルーズライフを充実させるポイントでもあります。

プリンセス・クルーズ名物の「キャプテンズ・ウェルカム・パーティー」では、アトリウムにグラス・タワーが登場。
お洒落な装いを楽しみながら、憧れのグラス・タワー体験に参加してみましょう。






『ロイヤル・プリンセス』ならではのイベント「プリンセス・ウォーターカラー・ファンタジー・ショー」も見応えたっぷり! 音楽にあわせて10メートルの高さまであがる噴水とイルミネーションのショーに、ウットリしてしまいます。






「プリンセス・シアター」で毎夜行われるエンターティメント・ショーは、クルーズ旅には欠かせない存在。
マジックやミュージカル、歌唱コンテストなどが目白押しで、夜の想い出をさらに盛り上げてくれます。




正直な話、眠る暇もないほど夜のイベントが充実していて、全てをコンプリートするのが難しいくらい。
他にも、バーやラウンジで音楽やお酒をたしなんだり、カジノにチャレンジしたりと、エンジョイすべき事柄が満載なのです。



例えどんなに夜遅くまで目一杯はしゃいだとしても、客室に直ぐ戻れるので、安心してナイトライフを楽しめますね。
私もちょっぴり寝不足の毎日でしたが、慣れ親しんだ客室でリラックスしながら過ごせてなによりでした。


バラエティ豊かな食事をその日の気分でセレクトしよう


メイン・ダイニングでのフルコースディナーに限らず、カジュアルフードのラインナップが多彩であるのも魅力の一つ!
フィッシュ&チップスなどの伝統料理を堪能出来るパブランチ、オーダーメイドで焼き上げるピザ、早朝から深夜までオープンしているブッフェなど...どのお店を選ぼうか? と毎日迷ってしまうくらいです。






なかでも私がよくリピートしていたのが、「インターナショナル・カフェ」。
ガラスショーケースに様々な料理が並んでいて、スタッフがお皿に取り分けてくれます。
朝はデニッシュやホットサンド、日中から夜にはサラダやスイーツなどを選んでいました。






とある日の午後には、サンドイッチ、クッキー、ケーキ、スコーンを味わえるアフタヌーン・ティー!
驚くことなかれ、これまで紹介した食事と同じく、全て無料(「オールインクルーシブ)なんです。








世界的に有名なマスター・ショコラティエのノーマン・ラブ氏考案のチョコレートデザートも欠かせません。



他にも、料理番組や料理本も大ヒットしている有名シェフカーティス・ストーン氏のプロデュースしたメニューを導入していたりと、いつも新たな美食を提供してくれるのが本当に嬉しい。

別途料金が必要なスペシャリティ・レストランに関しては、コチラの記事にもまとめているので、是非ともご覧下さいね。



izumin



ロイヤル・プリンセス 地中海とエーゲ海クルーズ 旅行記




ロイヤル・プリンセス(ROYAL PRINCESS)
『プリンセス・クルーズ』史上最大となる14万トンクラス。全客室の80%を占める海側客室は、全室がプライベート・バルコニー付き。海上から40メートルの高さに設置されたガラス張りの回廊「シー・ウォーク」と「シー・ビュー・バー」の他、噴水ショーを彩る「ファウンテン・プール」、洋上初のテレビスタジオ「プリンセス・ライブ」など驚きの新施設が目白押しです。
URL:http://www.princesscruises.jp/ships/royal-class/

プリンセス・クルーズ(PRINCESS CRUISES)
クルーズ業界で最もよく知られる名前の一つであるプリンセス・クルーズは、現在17隻の近代的な客船を運航する、世界的なクルーズ会社。革新的なデザインの客船で、食事やエンターテイメント、アメニティーの豊富な選択肢を、上質のサービスとともに提供。世界的なクルーズ会社のリーダーとして、年間170万人のゲストを世界中の目的地に向け て、4泊から111泊のクルーズを運航。
WebSite:http://www.princesscruises.jp
Facbook:https://www.facebook.com/PrincessCruises.JP
Twitter:https://twitter.com/PrincessCruisJP
YouTube:https://www.youtube.com/user/PrincessCruisesJP/feed

※2017年日本発着クルーズ『ダイヤモンド・プリンセス』コースの一覧はコチラ