【リーガル・プリンセス バルト海クルーズ 旅行記 Part12】最後のまとめ 船長室も大公開!|izumanix 
IZUMANIX


『リーガル・プリンセス』で巡る「スカンジナビアとロシア 12日間」バルト海クルーズの旅!
クルーズ乗船記を合計12記事をわかりやすく表示した、INDEX形式の一覧でまとめてみました。


日本人にとっても大人気の北欧クルーズということで、各寄港地観光でのショアエクスカーションもふくめ、
見応えたっぷりの旅行記になるよう、ブロガー魂(!?)をこめながらレポートしました。
先ずは、気になる寄港地よりチェックしてもらえると嬉しいです!

【まとめ:リーガル・プリンセスで行く「スカンジナビアとロシア 12日間」バルト海クルーズの旅】INDEX





あらためて振り返ると、「オイシイ見どころ満載のクルーズ旅だったなぁ。」と実感...!
ガイド付きのショアエクスカーションに参加したので、効率よく観光ポイントを巡れたことに加え、
毎日が世界遺産巡り!目に飛び込んでくる全てが新鮮で、感動の連続でした。


また、ほぼ日替わりで違う国を移動できるのも、クルージング旅の醍醐味!
毎日変わらない客室でゆっくり就寝し、荷造りの手間も省けるということもポイントが高いといえます。
(同じようなことを飛行機旅で再現すると思うと...かなりハードで難しいはず。)



目が覚めれば、昨日とは違った文化の国に到着している。そして、各寄港地での下船もスムーズ。
(ロシアのサンクトペテルブルグ以外は、スルッと下船上陸=入国できちゃうのです。)

船内にいれば、いつでも好きなときに食事ができて、目まぐるしいくらいアクティビティが満載と...
とにかく毎日が楽しすぎて、帰国後まもないながらも「再び海外クルーズに行きたい!」
という気持ちがふつふつと沸いています。(次は大西洋横断、アラスカ、アメリカ西海岸など、夢は膨らみます!)



ーーーーー

船上以外での出来事のなかで、感心したことを一つ挙げるならば、
《各寄港地における、ショアエクスカーション現地外国人ガイドの質の良さ》でしょうか。

これまでの海外個人旅行の経験から、そのような類のツアーにはあまり期待していなかったのに、
どこの寄港地のガイドも熱心で時間通り!とにかくしっかりと案内してくれるのです。
(あえて正直な本音をいうと95%は最高に大満足!残り5%は人それぞれということで^^;)



ちなみに、美術館などを含めた観光地ではイヤホンが配られることも!
私は英語ガイドツアーに参加していたので、一日中英語リスニング気分ではあったのですが(笑)
団体行動からはぐれないためにも、このイヤホンは大切な存在といえます。

ショアエクスカーションには、『リーガル・プリンセス』に乗船している人たちだけと同行するので、
ご年配でもアグレッシブな方やツアー慣れをしている方も多かったように思います。

日本人は私だけ。というショアエクスカーションばかりに参加していたのですが、むしろ面白くて!!
さまざまな年代、人種の方々と一緒に観光地巡りをするということも、貴重な経験となりました。



ーーーーー

話題を『リーガル・プリンセス』に戻します。
クルージング最終日前日には、これまで巡った寄港地の様子(気温、滞在時間ふくむ)を綴ったデータを貰えます。
一見地味な冊子のようですが、船内新聞(プリンセス・パター)と同じくらい大切な想い出に...♪




船上から目に飛び込んできた光景は、何にも代えがたく。今でも心に刻まれています。







ーーーーー

最後に...
日本のブロガーを代表し、プリンセス・クルーズより招待してもらったということで、
『リーガル・プリンセス』の特別な場所にも案内して貰える!という機会もいただきました。




通常ではなかなか踏み入れることのできない船長室へ!!
安全な航海のためにも360度の見晴らしが良くて、物は意外と少なくてシンプル。


※船長室の左端ほんの一部。一つ上の写真でいうと、船先端の旗の直ぐ斜め左上にある全面ガラス張りの部分。

先頭と左右の3箇所それぞれににコンピューターがあり、
なかでも、写真撮影はNGであった、別のコンピューター管理室が凄かった!!!
(基本的に、船長一人でいることはなくて、副船長らや操縦士も数人いるとか。)


船長室の真下に見えるプールは、ゲスト用ではなく従業員用とのこと。




リヴァプール出身のキャプテン、John Foster氏。




バルト海クルーズのなかでも、お気に入りなのは「オスロ・フィヨルド」の広がる航路だとか。






各寄港地ごとに掲げる国旗も発見。分かりやすく収納されています。







さらには、「プリンセス・シアター」の舞台裏にも!!
音響機材も近くで拝見できたりと、船長室とはまた違った興奮体験です!!!




楽屋では、たくさんの華やかな舞台衣装にも囲まれ...






舞台袖からは、リハーサル中の様子をお邪魔させて貰いました。







『リーガル・プリンセス』の取材体験を通して得た事柄が溢れすぎて、一言でまとめるのは難しく...。



もし船内での様子をより知りたい方がいるならば、コチラも重ねてご覧下さい。
そして、夢のような最高で素晴らしいクルージング旅を、一人でも多くの方に体験して欲しいです。


前記事はコチラ >> 【リーガル・プリンセス バルト海クルーズ 旅行記 Part1】はじめに~寄港地スケジュール、乗船手続き、客室~
>> 【リーガル・プリンセス バルト海クルーズ 旅行記 Part2】デンマーク・コペンハーゲン 寄港地観光1日目
>> 【リーガル・プリンセス バルト海クルーズ 旅行記 Part3】ノルウェー・オスロ 寄港地観光2日目
>> 【リーガル・プリンセス バルト海クルーズ 旅行記 Part4】スウェーデン・ヨーテボリ 寄港地観光3日目
>> 【リーガル・プリンセス バルト海クルーズ 旅行記 Part5】ドイツ・ヴァルネミュンデ 寄港地観光4日目
>> 【リーガル・プリンセス バルト海クルーズ 旅行記 Part6】クルージング5日目 終日航海 船上での過ごし方
>> 【リーガル・プリンセス バルト海クルーズ 旅行記 Part7】エストニア・タリン 寄港地観光6日目
>> 【リーガル・プリンセス バルト海クルーズ 旅行記 Part8】ロシア・サンクトペテルブルグ 寄港地観光7-8日目
>> 【リーガル・プリンセス バルト海クルーズ 旅行記 Part9】フィンランド・ヘルシンキ 寄港地観光9日目
>> 【リーガル・プリンセス バルト海クルーズ 旅行記 Part10】スウェーデン・ニーネスハムン(ストックホルム) 寄港地観光10日目
>> 【リーガル・プリンセス バルト海クルーズ 旅行記 Part11】番外編 日本語でのサービスが充実!



izumin




リーガル・プリンセス



『プリンセス・クルーズ』史上最大となる14万トンクラス。全客室の80%を占める海側客室は、全室がプライベート・バルコニー付き。海上から40メートルの高さに設置されたガラス張りの回廊「シー・ウォーク」と「シー・ビュー・バー」の他、噴水ショーを彩る「ファウンテン・プール」、洋上初のテレビスタジオ「プリンセス・ライブ」など驚きの新施設が目白押しです。

乗客定員:3,560人
乗務員数:1,346人
総トン数:142,229トン
就航:2014年5月20日 「処女航海 地中海とエーゲ海クルーズ」
命名式典:2014年11月5日 フォートローダデール 東カリブ海クルーズ
     『ラブ・ボート』メイン出演者6名により命名
全長:約330メートル
全高:約66メートル
全幅:約47メートル(シー・ウォークを含む)
デッキ数:19
喫水:約8.5メートル
航海速度:22ノット(時速 約41km)
URL:http://www.princesscruises.jp/ships/royal-class/


プリンセス・クルーズ
クルーズ業界で最もよく知られる名前の一つであるプリンセス・クルーズは、現在18隻の近代的な客船を運航する、世界的なクルーズ会社。革新的なデザインの客船で、食事やエンターテイメント、アメニティーの豊富な選択肢を、最上級のサービスとともに提供している。
世界的なクルーズ会社のリーダーとして、年間170万人のお客様を世界中の目的地に向けて、4泊から111泊のクルーズを運航している。

WebSite:http://www.princesscruises.jp
Facbook:https://www.facebook.com/PrincessCruises.JP
Twitter:https://twitter.com/PrincessCruisJP
YouTube:https://www.youtube.com/user/PrincessCruisesJP/feed

※2016年日本発着クルーズ『ダイヤモンド・プリンセス』コースの一覧はコチラ