【リーガル・プリンセス バルト海クルーズ 旅行記 Part5】ドイツ・ヴァルネミュンデ 寄港地観光4日目|izumanix 
IZUMANIX


【リーガル・プリンセス バルト海クルーズ 旅行記 Part5】ドイツ・ヴァルネミュンデ 寄港地観光4日目

クルーズ4日目は、中世ハンザ同盟の都市ロストックの近くにあるシーサイドリゾート「ヴァルネミュンデ」。
19世紀にスパリゾートになる前は漁村で、メクレンブルグとドイツの田舎への玄関口でもあります。




前記事はコチラ >> 【リーガル・プリンセス バルト海クルーズ 旅行記 Part1】はじめに~寄港地スケジュール、乗船手続き、客室~
>> 【リーガル・プリンセス バルト海クルーズ 旅行記 Part2】デンマーク・コペンハーゲン 寄港地観光1日目
>> 【リーガル・プリンセス バルト海クルーズ 旅行記 Part3】ノルウェー・オスロ 寄港地観光2日目
>> 【リーガル・プリンセス バルト海クルーズ 旅行記 Part4】スウェーデン・ヨーテボリ 寄港地観光3日目



■ドイツ・ヴァルネミュンデ 観光MEMO(ほぼ備忘録!)
入港-出港:7:00-21:00
港と街の距離感:首都ベルリンまでは列車で往復6時間。
通貨 為替:ユーロ 135.43/円(2015年5月現在)
滞在時の天候:曇り
滞在時の温度:最高17度 最低5度(2015年5月16日)
滞在時の服装:曇天のため温かさは感じないものの、上着を着用すれば過ごしやすい。
その他:首都ベルリンまでの移動時間が長いため、ヴァルネミュンデのみをじっくり楽しむプランでも良かったかも?



■船の上から見える、ヴァルネミュンデの街並みと駅校舎

全寄港地を通しても、寄港時間が比較的長い(約14時間)ヴァルネミュンデにやってきました。



クルーズ4日目ともなると、船上での生活や北欧ならではの日照時間にも慣れ、
そろそろ長時間におよぶ寄港地観光を楽しみたい!という方も増えてくるはずです。


ヴァルネミュンデの港に近付くと、愛らしい家や建物が次々と見えてきて、
「この港町で1日中過ごしてみたい!」という衝動が...。






線路の先には、ヴァルネミュンデ駅。続いて道路を挟んで観光用バスと客船。
客室から見える光景は、寄港地ごとにかなり異なるので、毎日が驚きと感動の繰り返しです。




※左:通常走っている列車。右:『リーガル・プリンセス』のショアエクスカーション用の貸切列車。


特にヴァルネミュンデに至っては、電車マニアにもたまらない眺めではないでしょうか。



今回は、ヴァルネミュンデより往復6時間かけてベルリンへ行ってみたのですが、
個人的には、ヴァルネミュンデとロストック(列車で約20分の距離)をメインに観光すれば良かったかな?
と感じています。(東京ー大阪・京都を新幹線で往復する時間に近く、移動時間がかなりネックかと。)

ベルリンでの滞在時は観光バス車中内の時間も長く、よく分からないまま終わってしまったことに加え、
航路でのドイツ旅行の際に訪れやすいベルリンよりも、寄港地近くをメインで巡った方が効率的だと思うので。

しかしながら、列車の車窓から見える長閑な景色もとても素晴らしかったので...
何を優先したいか、どんな体験をしたいかによって、選択肢を迷う寄港地の一つなのかもしれませんね。


※ベルリン駅にて撮影。


そんな訳で、この後のベルリン巡りはざっくりとした紹介になるので、予めご了承いただければ幸いです。



■ベルリンの街を象徴する名所をざっくりダイジェスト!



かつてはベルリンの東西の分断を象徴していた、ベルリンを代表する観光地「ブランデンブルグ門」。
東西ドイツの再統合を受けて昔の姿に戻った門は、ベルリンの歴史を物語る貴重な遺産となっています。


記念撮影をする観光客で溢れ、全体像をうまく撮影するのが難しい...!






ドイツといえば、冷戦・分断時代に東西ドイツを隔てていた「ベルリンの壁」も忘れられない存在。



1989年11月10日に東西ベルリン市民によって破壊開始された壁は、
その一部がシュプレー川沿いの約1.3kmの距離に記念碑として残されています。

冷戦の歴史を色濃く残す壁の一部のなかでも、ホーネッカーとブレジネフの熱いキスの壁画が人気スポット。



キス壁画前は、写真撮影をする人たちが途切れることがないので、シャッターチャンスを見逃さずに!!







そして、ランチタイムには20ユーロのアイスバインをペロリ♪



ホロホロのお肉はボリュームたっぷり。シェアして食べるくらいがちょうど良かったな?


その後、ベルリン国会議事堂、ベルリン大聖堂の前も通り...






街中でふとみかけた植物や何気ない光景も、今まで立ち寄った寄港地とは全く異なる存在感。














■豪華客船クルージングといえば、出港時のお見送りも見逃せない!



半日がかりの観光を終えて『リーガル・プリンセス』へ戻る頃、夕日に照らされた船体がこれまた美しくて!!


出港時は客室のバルコニーから港を眺め続けましたが、言葉にはならない名残惜しさが。。。




そんな寂しさを打ち消してくれるのが、手を振る人々の笑顔。







出港時の温かいお見送りに手を振りながら応えていると、
「いつか、この街に戻ってきたい!」という気持ちが、さらに沸き上がってきますね。

ヴァルネミュンデの人々と街並みへ...また会える日まで♪



【本記事のおさらいポイント!】
・ヴァルネミュンデの港から列車の駅までは、目と鼻の距離感でとても近い。
・ヴァルネミュンデとベルリンまでは列車で往復6時間かかる。
・ベルリンまでの移動時間が長いため、ヴァルネミュンデのみをじっくり楽しむプランもオススメ!
・出港時は、現地の人々からの温かいお見送りを見届けよう。



izumin


【まとめ:リーガル・プリンセスで行く「スカンジナビアとロシア 12日間」バルト海クルーズの旅】INDEX








リーガル・プリンセス



『プリンセス・クルーズ』史上最大となる14万トンクラス。全客室の80%を占める海側客室は、全室がプライベート・バルコニー付き。海上から40メートルの高さに設置されたガラス張りの回廊「シー・ウォーク」と「シー・ビュー・バー」の他、噴水ショーを彩る「ファウンテン・プール」、洋上初のテレビスタジオ「プリンセス・ライブ」など驚きの新施設が目白押しです。

乗客定員:3,560人
乗務員数:1,346人
総トン数:142,229トン
就航:2014年5月20日 「処女航海 地中海とエーゲ海クルーズ」
命名式典:2014年11月5日 フォートローダデール 東カリブ海クルーズ
     『ラブ・ボート』メイン出演者6名により命名
全長:約330メートル
全高:約66メートル
全幅:約47メートル(シー・ウォークを含む)
デッキ数:19
喫水:約8.5メートル
航海速度:22ノット(時速 約41km)
URL:http://www.princesscruises.jp/ships/royal-class/


プリンセス・クルーズ
クルーズ業界で最もよく知られる名前の一つであるプリンセス・クルーズは、現在18隻の近代的な客船を運航する、世界的なクルーズ会社。革新的なデザインの客船で、食事やエンターテイメント、アメニティーの豊富な選択肢を、最上級のサービスとともに提供している。
世界的なクルーズ会社のリーダーとして、年間170万人のお客様を世界中の目的地に向けて、4泊から111泊のクルーズを運航している。

WebSite:http://www.princesscruises.jp
Facbook:https://www.facebook.com/PrincessCruises.JP
Twitter:https://twitter.com/PrincessCruisJP
YouTube:https://www.youtube.com/user/PrincessCruisesJP/feed

※2016年日本発着クルーズ『ダイヤモンド・プリンセス』コースの一覧はコチラ