『リーガル・プリンセス』がフォートローダデール・エバーグレーズ港を出港!|izumanix 
IZUMANIX


世界中の人を魅了してきた『ロイヤル・プリンセス』の姉妹船である『リーガル・プリンセス』は、
フォートローダデールで数日停泊した後、2014年11月6日(木)午後6時に東カリブ海クルーズへ出発!


アメリカ合衆国フロリダ州南東部、マイアミの北約40kmに位置するフォートローダーデールは、
「アメリカのベニス」とも呼ばれ、運河が縦横に張り巡らされている珍しい街。
港では立派な大型客船をたくさん目にすることが出来るため、刺激的な毎日を過ごしていました。

先ずは『リーガル・プリンセス』の乗船中にみた、フォートローダデール・エバーグレーズ港の景観もお届けします。
それでは、船尾「サン・デッキ17」にある「テラス・プール」よりご紹介!!



北大西洋にあるイギリス海外領土バミューダ諸島で造られた『リーガル・プリンセス』は、
イタリア北東部ベネチアで5月に7日間の処女航海へ出航し、コルフ島、ミコノス島、イスタンブールを訪れています。



船尾にある旗は、フォートローダデール・エバーグレーズ港に寄港中、強い風になびかれていました。
この「テラス・プール」は私も航海中に利用。潮風を感じながら・・・本当に気持ちが良いです!









シャワーブースも付いています。その左先はゆったり座れる椅子が幾つもあります。







「テラス・プール」直ぐの階段を下ったほぼ真下「リド・デッキ16」船尾にはバーもあるので、
こちらからカクテルやビールなどの飲み物を購入し、「テラス・プール」に持ってくる方もチラホラいました。





船尾の先にみえる橋がちょっとユニークだったので、この後改めて写真をご紹介します。





なお、『リーガル・プリンセス』が停泊していた位置もGoogleマップで示しますね。
「Princess Cruises」のピンが示す位置より、右直ぐにある海上(メーブル湖)にとまっていました。







船尾より撮影した、地図北の眺め。







目線を右手にどんどん移していきます。





エバーグレーズ港には、カリブ海へ向かう巨大客船が何隻もあります。





目の前には、『プリンセス・クルーズ』のスーパー・グランド・クラス船
カリビアン・プリンセス』(総トン数約11万)を発見しました。





『カリビアン・プリンセス』が、出港していく様子もおさめました。
『プリンセス・クルーズ』船独特の汽笛を鳴らし、カリブ海へと優雅に進んでいきます。







一方の『リーガル・プリンセス』では、出港を楽しみに、デッキへ集まってくる方も増えてきます。









さきほど見たあの橋ですが、実は可動橋(両開きの跳開橋)であったようです。
時計の針をみたら、17時から10分ほど橋桁が跳ね上がっていました。
おおまかな構造は、東京にある隅田川の勝鬨橋と同じ原理だと思います。
(※補足ですが、ウィキペディアでみた可動橋に関する項目が面白かったので、参考まで!)







出港間近になると、カラフルなタグボートが何隻か登場します。





タグボートの役目の一つとして、大型船が港の出入りするために先導するサポート役もあります。
そして、巨大船の出入港時の慣わしでもある歓迎放水もしていました。
とても幻想的な光景であったので、シャッターチャンスとばかりに何枚も撮影してみました♪









18時になると出港の合図である汽笛が響き、『リーガル・プリンセス』は東カリブ海クルーズへ出発しました。





日が暮れる頃にあらわれた月が美しく・・・感動的!!!





『リーガル・プリンセス』が鋭角に曲がってすすむ瞬間も見逃さまいと、乗客たちは盛り上がります。







フォートローダデール・エバーグレーズ港直ぐにある高層マンションには、やはり船好きの住民が多いのだとか。





『リーガル・プリンセス』出港の様子は、1分弱の動画で簡単にまとめています。



『リーガル・プリンセス』の高さ(ロンドンのタワーブリッジより高い!全高66メートル)と同じ目線にある、
高層マンション住人達による電気のオンオフやファンファーレに、ワクワクと楽しい気持ちに!!

それでは、引き続き『リーガル・プリンセス』船内の特徴をお伝えいたしますね・・・♪







リーガル・プリンセス




『プリンセス・クルーズ』史上最大となる14万トンクラス。全客室の80%を占める海側客室は、全室がプライベート・バルコニー付き。海上から40メートルの高さに設置されたガラス張りの回廊「シー・ウォーク」と「シー・ビュー・バー」の他、噴水ショーを彩る「ファウンテン・プール」、洋上初のテレビスタジオ「プリンセス・ライブ」など驚きの新施設が目白押しです。

乗客定員:3,560 人
乗務員数:1,346人
総トン数:142,229トン
就航:2014年5月20日 「処女航海 地中海とエーゲ海クルーズ」
命名式典:2014年11月5日 フォートローダデール 東カリブ海クルーズ
     『ラブ・ボート』メイン出演者6名により命名
全長:約330メートル
全高:約66メートル
全幅:約47メートル(シー・ウォークを含む)
デッキ数:19
喫水:約8.5メートル
航海速度:22ノット(時速 約41km)
URL:http://www.princesscruises.jp/ships/royal-class/


プリンセス・クルーズ
クルーズ業界で最もよく知られる名前の一つであるプリンセス・クルーズは、現在18隻の近代的な客船を運航する、世界的なクルーズ会社。革新的なデザインの客船で、食事やエンターテイメント、アメニティーの豊富な選択肢を、最上級のサービスとともに提供している。
世界的なクルーズ会社のリーダーとして、年間170万人のお客様を世界中の目的地に向けて、4泊から111泊のクルーズを運航している。

WebSite:http://www.princesscruises.jp
Facbook:https://www.facebook.com/PrincessCruises.JP
Twitter:https://twitter.com/PrincessCruisJP
YouTube:https://www.youtube.com/user/PrincessCruisesJP/feed

※2015年日本発着クルーズ『ダイヤモンド・プリンセス』コースの一覧はコチラ




izumin


最近の記事一覧