知ってビックリ!アイスランド ~なるほど!小ネタ集編~|izumanix 
IZUMANIX


「ゴーザン・ダイイン!!」
すっかりアイスランドに詳しくなっているizuminです。
今回は、アイスランド語の「こんにちは!!」の挨拶よりお届けしています。


Copyright:chloe.ophelie

アイスランドのことを色々調べているうちに「えー?本当に!?」と驚くネタも沢山でてきました。
ちょっとした豆知識から、意外な真実まで・・・今回はアイスランドに纏わる小ネタをご紹介しますね。



■知ってビックリ!アイスランド ~なるほど!小ネタ集編~



【1】アイスランド人 名前には名字(姓)がない

アイスランド人の名前には、独自の姓はなく、父親の名前に加えて
男性なら「son(息子の意味)」、女性なら「dottir(娘の意味)」を付けた名であるそう!

アイスランドの有名な歌手であるビョークの本名は「ビョーク・グズムンヅドッティル」。
彼女の名前をみれば、その名前の仕組みが一目瞭然!!
父親の名前グズムンヅ+ドッティルとなっている為、グズムンヅ氏の娘と表されているのが分かります。




【2】世界一難しい言語はアイスランド語


(c) .foto project


世界最難関とも言われるアイスランド語。
発音は日本語にない音が多く、日本人にとって聞き取るのも大変だとか。
(他の北欧人でさえも聞き取るのが難しいみたいです・・・!)

アイスランド語のアルファベットは、なんと36文字!
アイスランド語は、英語やフランス語の言語的影響の排除をすることに
努めてきた言語である為、ヴァイキング時代の特性を色濃く残しているそうです。




【3】アイスランド 世界一美女が多い

ミス・ワールドのグランプリ受賞者が、これまでに3人もいるアイスランド。

・2005年 ウンナー・ビルナ・ヴィヒャルスドッティル
・1988年 リンダ・ペトゥルスドッティル...

たった3人?と思われそうですが、人口30万人の国としてはとても凄いこと!
優勝回数3人は、世界中の国ごと対決の順位でいうと、4番目に多いのだとか。




【4】アイスランド アイスと温泉が好き

「アイスランドだけにアイス好き?いやいや、それなりに寒い国だったよね?」
と思いながらも、そういえば乳製品が盛んな国だということもお忘れ無く。

アイスランド独自の乳製品「skyr(スキール)」も、バイキングの時代から人気。
低脂肪、高タンパク、高カルシウムの乳製品として、栄養価が高いのも特徴です。

国中に温泉があるアイスランドで、湯上がりに絶景を楽しみながらアイスだなんて・・・贅沢!




【5】アイスランド サンタクロースが13人もいる


Copyright:ICELAND.IS

アイスランドでは、13人の妖精「ユール・ラッズ」がいて、
13人それぞれに明確なキャラ付けや名前などが設定されています。

クリスマスの13日も前から、毎日一人ずつ山から降りてきて、
面白い行動を終えた妖精たちは、12月25日からまたひとりずつ順番に山へ帰っていくのだとか。

牛乳を狙うもの、真夜中に扉をバタンと閉めるもの、扉から匂いを嗅ぐもの、
窓から覗き見をするもの、蝋燭を狙うものなどなど・・・かなり個性的!!

普通のサンタクロースとは全く異なる設定ですが、とてもユニークですよね♪




【6】アイスランド 世界最大のマリモの群生地がある

マリモといえば、日本の北海道の阿寒湖も有名ですが、
アイスランドにもマリモの自生地として名高い湖が存在します。

それは、アイスランド北部の「ミーヴァトン湖」。平均水深は2.5mで非常に浅い湖です。
直径10~13cmの球状体のマリモがおよそ2千万個あるといわれ、
2006年に国の保護対象種に指定されたといいます。

ちなみに、「ミーヴァトン湖」とは蚊の湖という意味があり、
名のとおり、夏になると大量のユスリカ(※人を刺さない)が発生するそうです。




【7】アイスランド ヨーロッパ最大のバナナの生産国


(c) .foto project


アイスランドなのにバナナー!?と、私も驚いたひとりです。

地熱地帯が広がるアイスランドでは、地熱を温室栽培用のグリーン・ハウスへ利用しています。
バナナを自給自足で補えるなんて、北国としてはとても珍しいこと。
温泉や家庭内の暖房用、発電用だけでないんですね。アイスランド産のバナナの味も気になる!




【8】アイスランド 410歳の貝が発見される



貝殻の年齢は木の年輪と似た仕組みで、貝殻にある線から測定することができるのだとか。

アイスランド近海の北極海で獲れるアイスランド貝(アサリやハマグリのような2枚貝)が有名で、
数年前には405~410歳であろうと思われる貝が発見されたそうです。

これまでの貝のギネスが220歳という事だから、その約2倍の年齢!!!

なお、この貝を採取した時は生きていたものの、
年齢を調べる際にはがしてしまい、死んでしまったそうです(涙)




【9】アイスランド 国土に占める森林面積はわずか0.3%

かつて存在した森林資源のカバ林も、開拓時代には燃料資源として使われ、
現在のアイスランド国土に占める森林面積のわずか0.3%に過ぎないそうです。

ちなみに、歌手のビョークの名前は、アイスランド語で「カバの木」を意味しており、
彼女自身も、自然を復活させるための懸命な植林活動をPRしています。




【10】アイスランド 鉄道がない


(c) .foto project


意外や意外!アイスランドの交通手段には、電車・地下鉄などの鉄道がありません。

旅行者の移動は、コストが安くすむバスでの移動が多いです。
レンタカーという方法もありますが、ツアー会社のバスツアーに参加するのも楽しそうですね。



以上、知ってビックリ!アイスランド ~なるほど!小ネタ集編~をお届けしました。

他にも、「アイスランドポピー」の原産地はシベリアだった。とか、
アイスランド国籍のピアニスト兼指揮者ウラディーミル・アシュケナージが、
私が音楽大学在学中に客員教授(しかも私の友達のピアノの先生!)であった。
などなど・・・小ネタはまだまだあります。

実際にアイスランドへ行ったならば、さらに沢山の情報を収集できることでしょうね♪

続きは、アイスランド検定から是非とも学んでみて下さいね。



アイスランド政府観光局
WebSite:http://www.visiticeland.com/
Twitter:https://twitter.com/icelandinspired/
Instagram:http://instagram.com/inspiredbyiceland/
facebook:https://www.facebook.com/inspiredbyiceland/

アイスランド大使館
WebSite:http://www.iceland.is/iceland-abroad/jp/

アイスランド総合研究所(氷総研)
WebSite:http://loveiceland.org/kori-souken/



izumin


あわせて読みたい

3分で分かる!アイスランドってどんな国? ~基礎知識編~
観たい!食べてみたい!アイスランド ~観光や食文化編~


最近の記事一覧