テオドー × マイリトルボックス ティーセッション | THEODOR × My Little Box コラボイベント ~My Little Ladiesより~|izumanix 
IZUMANIX


My Little Box(マイリトルボックス) のアンバサダー「My Little Ladies」のizuminです。

マイリトルボックス7月のBOX「SUMMER」にも入っていた、テオドーとのコラボティーバッグ。
お菓子作りが趣味の私は、”シューケット”の焼き菓子レシピと一緒にご紹介したばかりです。

>> My Little Box(マイリトルボックス) 2014年7月 SUMMER ~My Little Ladiesより~


今回は、マイリトルボックスのアンバサダー「My Little Ladies」の為にも
特別に設けて頂いた、テオドーのティーセッションイベントに参加して参りました。



開催場所は、自由が丘にあるテオドープロモーションスタジオ。



閑静な住宅街に佇む一軒家の扉の先に、緑溢れるガーデン。







マイリトルボックスも至る所に沢山飾られていました。
マイリトルボックスの可愛らしい雰囲気が、フロアに溶け込んでいます。





テオドージャパン代表 加藤 裕氏による、パリのテオドーに纏わる由来や、
色々な種類のお茶に関する説明と上手な淹れ方、夏にぴったりのアイスティーレシピをレクチャー。



2002年にパリの16区“トロカデロ”に創業をした「THE O DOR(テオドー)」。

テオドーを設立をしたギョーム・ルール氏は、26歳という若さでテオドーを立ち上げます。
彼は元々作家である為、その類い希なる芸術センスは、テオドーのネーミング、パッケージデザイン、
全てに反映されています。お茶愛好家である彼が、世界を旅しながら選りすぐりの茶園を探し、
何もかもをオーガニックで選び抜くというのが、ギョーム・ルール氏の絶対ルールでもあります。



ギョーム・ルール氏は、缶を彩るファブリックリボンを15色に設定し、
それぞれカラーには、パリジャンの性格を表すような意味合いを込めているのだとか。



加えて4つのカテゴリーに分類した4色の缶は、茶葉の種類によって分かり易く色分けしています。

【ブラック缶】フレーバード ブラックティー
       紅茶、紅茶&緑茶、プーアール茶などをベースに。花々、フルーツ、フレーバーのブレンド。

【ライトグリーン缶】フレーバード グリーンティー
          緑茶や白茶などをベースに。花々、フルーツ、フレーバーのブレンド。

【ライトピンク缶】ハーブティー
         ノンカフェインのルイボスやハーブ、ローカフェインのマテ茶などをベースに。
         花々、フルーツ、フレーバーのブレンド。

【ライトグレー缶】プレーンティー
         ダージリン、アッサム、日本茶、烏龍茶など世界の茶園から選び抜いた茶葉や、
         ブレックファストブレンドのように茶葉のみをブレンドしたノンフレーバーティー。


「15色のファブリックリボン」×「4色の缶」、厳選された茶葉ブレンドやフレーバー、
それぞれに名付けられたチャーミングなネーミング、メッセージコンセプト・・・

ギョーム・ルール氏の遊び心溢れる楽しさや喜びを、無限大に感じ取れますね♪



日本では現在60種類のお茶を展開していますが、パリでは300種類を超える種類があるそうで、
ギョーム・ルール氏が全部のティーブレンドを行っており、そのブレンドアイディアは、
最初にお茶のネーミングを決めてから行うそう。何とも芸術家らしいクリエイション!!!


さて、前置きが少し長くなりましたが、ティーセッションの様子を分かり易くお伝えしていきます。
約2時間のイベント内容で、6種類のお茶の淹れ方をたっぷりと分かり易く教えて貰いました。



左上よりEARL GREY ROYAL アール グレー ロイヤルSANS DOUTE サン ドゥット
YAMATO PREMIUM KABUSE SENCHA 大和 極上かぶせ煎茶《井ノ倉茶園》
BOLLYWOOD CHAIPUR ボリウード チャイプル
MELANGE DU JARDIN DE MAMAN メランジュ ドゥ ジャルダン ド マモン
MILKY-OOLONG J.E. ミルキー ウーロンという種類の茶葉を順番に使用。



先ずは、基本ともいえるアール グレー アイスティーの淹れ方。
淹れた紅茶は、氷(出来れば市販のロックアイス)をたっぷりと用意して、
一気に温度を落とすこともポイントです。また、茶葉はお茶と一緒に冷蔵庫では冷やしません。



このアール グレー アイスティーを最初にテイスティングしたのですが、その美味しさにクラクラ・・・!
ベルガモットの香りがふわっと広がって優しい。でも、しっかりとした意志を感じるような味。
自宅で再現したら、カフェでも開けるのでは?と思った程。必ず覚えておきたいベーシックな作り方の一つです。



おもてなしやパーティーにもオススメしたいのが、ハーブ アイスティーのフルーツ入り。
グラスの縁にサンディングシュガーをあしらって、キラキラ輝くデコレーションアレンジも施しています。



キラキラの作り方は、ガラスの縁に卵白を軽く付けて、その後サンディングシュガーを塗布すればOK!
サングリアティーは、お好みのフルーツも一緒に食べられるのでデザート感覚にもなりますね♪



個人的に今すぐ試したくなったのが、フレーバード アイスグリーンティー!!
リードペーパーが茶漉し替わりにも使えるという点も、忘れずに実践したい。
緑茶のアイスティーは氷水だしが良いそう。作っている時からも清涼感を感じます。



お湯を沸かす手間も省ける為、暑い夏には手っ取り早くて良いですよね。
アイスグリーンティーを作り、冷蔵庫で2~3時間冷やした後には、茶葉を必ず濾す事を忘れずに!
この数時間がポイントにもなるので、忘れっぽい私は気をつけなきゃ・・・(笑)



そして、冷たいティーだけでなく、温かい緑茶を淹れるコツも教えて貰いました。
高級感溢れる芳醇な香り、そしてまろやかな味わい。まるでダシの様な旨み!!
2010年度日本茶品評会煎茶の部において一等を受賞した、井ノ倉茶園の拘り緑茶です。



数メートル先でこの茶葉の缶が開封された瞬間から、緑茶の香りが部屋中にひろがります。
日本人だけでなく、世界中からも愛される緑茶。日本が誇る茶葉がセレクトされている事に喜びを感じます。



意外にはまったのが、チャイティー!
美味しいチャイティーに巡り逢う事って少ないのですが、これは絶品。
淹れ方もさることながら、このボリウード チャイプルが凄く良い!!!
マリーゴールドの花びらもキラキラ・・・まるでインド衣装のような煌びやかさも放つ茶葉です。



実はお土産に買っていこうか一番迷ったのが、このボリウード チャイプル。
私が今まで飲んだ事のあるチャイティーは何だったんだろう・・・と、考えさせられた茶葉でもありました。



最後に、ミルクやチョコレートを思わせる甘い香りの凍頂烏龍茶のように
すっきりとした上品な味わいのミルキー ウーロンを。名付けられている通りの味!
これ迄飲んだ烏龍茶の概念が・・・すっかり変わってしまう印象。あぁ、お茶って奥深い。





真っ先に実践できる美味しい紅茶の淹れ方の一つに、使用するお湯(水)もポイントだと学びました。
ペットボトルの容器を利用して、お水に空気を含ませる方法は、直ぐにでも試してみたい!






マイリトルボックスとのコラボレーションデザインの「テオドーティーバッグ」。
ただ可愛いだけでなく、この梱包袋にも凄い技術と秘密が詰まっていた・・・!



それは、クリエイティブなギョーム・ルール氏によって創られたテオドーだからこそ。

地球環境に対する取り組みや、天然茶葉や香料等に徹底しているだけでなく、
色んな要所にユニークで斬新な発想と、素晴らしいアイディアが含まれているけれど・・・
あえてウェブサイトに大々的に公表しない、お洒落な感覚がこれまたステキ。



この秘密のガーデンのように、足を運ぶ者へ贈る素敵なサプライズに違いない。
訪れた者だけが、その特別な話をたっぷり聞ける・・・そんな愉しみ方に心も躍る。








ヨーロッパをはじめ、アジアなど世界26カ国、取扱い店舗数は800を数えるブランド、テオドー

Hennessy(ヘネシー)やPaul Smith(ポール・スミス)とのコラボレーション、
また、伊勢丹新宿店や日本橋三越、バーニーズニューヨークでイベントを行ったりと多岐に渡る活動。

nano・universeのレセプションパーティーでもお披露目されていますが、私もこのパーティーに参加した記憶が!
加藤千恵さんの焼き菓子と一緒に、とても素晴らしい時間を過ごしたことを今でも覚えています。








新しいライトブルー缶 ハーブティーラインも加わったばかりですが、凄い逸品もちかぢか登場。



日本の巧みな技術が詰まった新シリーズ。私も実際に手に取り、その細かなデザイン性に興奮しましたよ!



そして、ティーセッションの締めくくりとして、二層クリームで出来たチーズケーキも頂きご満悦です。
 





突然の大雨も、帰り際にはすっかり止み・・・涼しい風が心地良い。

ちなみに、ティーブレンダーのギョーム・ルール氏は、雨が降って上がった日の翌朝にブレンドを始めるのだとか!
鼻をくすぐるような芳しい香りを選ぶには、湿度環境も凄く大切なんでしょうね。
いつか、ギョーム・ルール氏にお逢い出来たならば、お茶に纏わる沢山のお話しを聞いてみたいな・・・!














お茶の新しい可能性に挑戦し、パリから全世界に新しいお茶の楽しみを発信していきたいという思いから、
“L`INSOLENT PARISIEN(生意気なパリジャン)”というコンセプトを掲げているテオドー

2014年8月2日(土)より全国ロードショー映画『ぼくを探しに』では、テオドーもタイアップ。
この映画に登場する紅茶に私も大注目!次回は映画の感想をお伝えしようと思っています♪



オススメ関連記事
My Little Box(マイリトルボックス) 2014年7月 SUMMER ~My Little Ladiesより~
ガストロノミー “ジョエル・ロブション” アラン・ヴェルゼロリ総料理長 インタビュー Vol.1
My Little Box(マイリトルボックス)よりスペシャルなファミリーセールのご案内
ガストロノミー “ジョエル・ロブション” アラン・ヴェルゼロリ総料理長 インタビュー 速報
My Little Box(マイリトルボックス) 2014年6月 LONDON ~My Little Ladiesより~
My Little Box(マイリトルボックス)のアンバサダー「MY LITTLE LADIES一期生」に選ばれました
TCC お土産 MY LITTLE BOX(マイリトルボックス) 毎月届くサプライズボックス!



My Little Box
Website:http://www.mylittlebox.jp/
facebook:https://www.facebook.com/MyLittleBoxJapan/
Instagram:http://instagram.com/my_little_box_japan/
Pinterest:http://www.pinterest.com/mylittleboxjp/
My Little Paris Web Site:http://www.mylittleparis.com/



izumin


最近の記事一覧