香港国際空港 キャセイパシフィック航空のおすすめラウンジ「ザ・ブリッジ」|izumanix 
IZUMANIX


ー「1度で2度おいしい!キャセイパシフィック航空で行くマンチェスター&ロンドンの旅」を満喫中ー

キャセイパシフィック航空の『香港国際空港』おすすめラウンジ「ザ・ブリッジ」をレポート!
(※ロンドン→香港線で利用したプレミアム・エコノミークラスの様子は前記事をチェック。)


ザ・ブリッジ」は、2013年10月29日にオープン。
旅客ターミナル西コンコースのレベル5、35番搭乗ゲートに隣接する便利な場所に位置しています。


※エントランスに向かう、この光景がカッコイイ!この後、エスカレーターで降りるのです。ドキドキ!



ということで、香港国際空港にある「ザ・ブリッジ」のポイントを挙げてみると...

・「飲食施設」が充実
・ラウンジデザインはロンドンを拠点とする「フォスター+パートナーズ社」によるもの
・中央レセプション部分の両端から広がる北ウィングと南ウィングの2つのエリアに分かれている
・北には「ザ・ベーカリー」、「ザ・ロングバー」、「ザ・TVラウンジ」
・南には「ザ・ビストロ」、「ザ・コーヒー・ロフト」、「ザ・ITゾーン」、「シャワースイート」
・シャワースイートは9室 (障害者用を含む)
・レセプションエリアは最高級の白大理石をふんだんに使用
・12カ所の独立したワーキングスペース(PC有り)
・総床面積は2,567平米
・総座席数は364席
・営業時間は朝5:30から最終便の出発時間まで



レセプションは、お馴染みのファビアン社製(イタリア)ベネチアンガラスのタイルを使用。
光り輝く美しい壁面は、竹をイメージしているとか。(入り口からスタイリッシュでステキなの♪)




もちろん、ラウンジ内ではWi-Fiを自由につかえますよ。




先ずは、南ウィングから覗いてみましょう♪
インテリアがもの凄くお洒落!!暖色系の自然なカラーを使用し、モダンな装いです。







さっそく「ザ・ビストロ」へ。(漢字表記にも興味津々!)




アジアをはじめとした各国料理が満載。中華系料理もたっぷりで...美味しそう(じゅるり)。






ヘルシーなサラダには、ドレッシング、フレーバーオイル、ビネガー、トッピング類などをお好みで添えてネ。





「ザ・コーヒー・ロフト」のエリア一帯は、午後のお茶タイムには混み始めるとか。
(それ以外の時間は割と空いてるようで、穴場ですよ!)




バリスタが一杯ごとに淹れ立てのコーヒー(カフェオレやカプチーノ等々、種類も様々!)をつくってくれます。




「どうぞ、お召し上がり下さい♪」と、にこやかな笑顔のバリスタさん。




コーヒー好きの私は、この「ザ・コーヒー・ロフト」エリアが大のお気に入りに!




焼きたてのマフィン、ペストリー、自家製クッキーなど、お菓子も選び放題です。(写真はほんの一部!)







「ついついまったりし過ぎて搭乗時間を忘れてしまいそう。。。」
なんて方も、フライト案内表示モニターが掲げられているので安心です。





「ザ・シャワースイート」の様子もチラリとー。
壁面には、天然のトラバーチン大理石とオーク材を使用。高級感たっぷりです!







続いては、北ウィングにお邪魔してみました♪
「ザ・ブリッジ」だけの施設として設計された「ザ・ベーカリー」からは、美味しそうな香りが!!






自分で好きな具を挟んで、サンドウィッチも作れるみたい。
こういうサービスは、面白くて好きだなぁ。(ついつい食べ過ぎちゃうけれど。汗)




焼きたてのパンだけでなくピザも発見。至れり尽くせりで幸せ♪




香港スイーツ定番のエッグタルトもある!!!!!甘いモノ好きにはたまりませんねぇ。





「飛行機搭乗前にお酒をしっぽりと楽しみたい。」という方は、
キャセイパシフィック航空ラウンジの象徴的存在でもある「ザ・ロングバー」で、
オリジナルのシグネチャー・カクテルをオーダーしてみてはいかがでしょうか?





このシグネチャー・カクテルは、ラウンジ名にちなんだ「The Bridge Temptation」
キャセイパシフィック航空をバックに、カウンターでのんびりと過ごしながら、うっとり...♪




よーく見ると、ストローがグラスに横たわっていて...橋(ブリッジ)みたいになっている!




自宅のような快適さをうたうラウンジだけあって、お客様がまるで自分の家のようにリラックスしていた点も印象的。
実は私も「毎日でも通いたいー!」と、思ったくらいでした(笑)

なお、このラウンジを利用できる対象者は...
「ファーストおよびビジネスクラスの旅客」
「ザ・マルコポーロクラブ会員(ダイヤモンド、シルバー、ゴールド会員)」
「ワンワールドのエメラルド、サファイヤ会員」になります。

この機会に、是非とも香港行「ビジ得」運賃情報なども参考にしてみて下さいね!



次回は、香港→羽田に向かう機内での「ビジネスクラス」の様子をご紹介します。


キャセイパシフィック航空 あわせて読みたい関連記事 【飛行機内篇】
キャセイパシフィック航空 CX542便(香港→羽田) ビジネスクラス搭乗記
※CX542便(香港→羽田)のビジネスクラスに搭乗の様子を詳しくレポートしてます!

キャセイパシフィック航空 CX549便(羽田→香港)、CX357便(香港→マンチェスター)ビジネスクラス機内食とは?
※CX549便(羽田→香港)、CX357便(香港→マンチェスター)のビジネスクラス機内食、
 搭乗の様子を詳しくレポートしてます!

【ラウンジ篇】
いよいよ羽田空港より出発!「キャセイパシフィック・ラウンジ」へ
※羽田空港に新しく開設した「キャセイパシフィック・ラウンジ」を詳しくレポートしてます!

香港国際空港 キャセイパシフィック航空のおすすめラウンジ「ザ・ブリッジ」
※香港国際空港にあるおすすめラウンジ「ザ・ブリッジ」を詳しくレポートしてます!

香港国際空港 キャセイパシフィック航空のおすすめラウンジ「ザ・ウィング」
※香港国際空港にあるおすすめラウンジ「ザ・ウィング」を詳しくレポートしてます!

キャセイパシフィック航空 ロンドンヒースロー空港ラウンジ|プレミアム・エコノミークラス 機内食
※ロンドン・ヒースロー空港にある「ファースト&ビジネスクラスラウンジ」と
 CX549便(ロンドン→香港)機内食をレポートしてます!

【アメニティ篇】
キャセイパシフィック航空 ビジネスクラス&プレミアム・エコノミークラスのアメニティキットの中身を比べてみた!
※気になるアメニティキットを分かりやすく徹底比較!



izumin


【まとめ:キャセイパシフィック航空で行くマンチェスター&ロンドンの旅】INDEX



※「1度で2度おいしい!キャセイパシフィック航空で行くマンチェスター&ロンドンの旅」の概要は>>コチラ


 (本企画は、「英国政府観光庁」と「キャセイパシフィック航空」によりご招待頂きました。)