【マンチェスター&ロンドンの旅】現地より速報滞在記レポ! その4 ロンドン観光篇 前編|izumanix 
IZUMANIX


ー「1度で2度おいしい!キャセイパシフィック航空で行くマンチェスター&ロンドンの旅」を満喫中ー


ロンドン到着後にチェックインしたのは...
Shangri-La Hotel, At The Shard, London(シャングリ・ラ ホテル ザ・シャード ロンドン)』!
ロンドンの市街地を見渡せるナイスビュー!!なにもかもが素敵すぎるー!



双眼鏡でロンドンの街並みを眺めながら、ゆったりと優雅なひとときを過ごせます。



ホテルで一息ついた後は地下鉄に乗って移動し、
とても楽しみにしていた『Royal Opera House(ロイヤル・オペラ・ハウス)』でバレエを鑑賞。




鑑賞した演目は「ONEGIN」。音楽はチャイコフスキーのピアノ曲などを編曲集成されています。



ちなみに、英国ロイヤル・バレエ団の姉妹カンパニーである、
英国バーミンガム・ロイヤル・バレエの日本公演は4月、英国ロイヤル・オペラの日本公演は9月に開催されるとか!
日本にいる皆さまにも、是非とも本場のバレエを体感して欲しいです♪(私もまた見に行きたい!)



ホテル宿泊の翌朝、朝食ブッフェでは、蒸篭(せいろ)に入ったホカホカの点心も味わいましたよ!





この日のスケジュールは、王室御用達店巡りが終日盛りだくさん!
イギリスの伝統的なお店を一気に駆け抜けました。

先ずは、世界一古いアーケードといわれる『Burlington Arcade(バーリントン・アーケード)』へGO!
入り口では、シルクハットとロングコートを着用した「ビードル(警備員)」が出迎えてくれました。
(彼らの着用する服は、『HENRY POOLE』でオーダーされたもの!)





カシミアで有名な『N.PEAL(エヌ ピール)』。
ダイアナ元妃をはじめ、マリリン・モンローやモナコのグレース王妃など、伝説のセレブも愛用したブランド。






ジェームズ・ボンドが、映画『007 スカイフォール』で着用したネイビーのカシミアセーターも『N.PEAL』です。





続いて、香しさひろがる英国王室御用達香水ブランド『Penhaligon's(ペンハリガン)』へも。
世界初のアーケード・ショップ内の香水店では、甘い香りにも癒されました。





そして、“スーツの聖地”であるサヴィルロウでは、
各国王室からも厚い信頼を得ている『HENRY POOLE(ヘンリープール)』へ。





セントジェームズ6番地に店舗をかまえる、1676年創業の英国王室御用達帽子店、
JAMES LOCK & Co(ジェームズ・ロック・カンパニー・ハッターズ)』。










午後には、目をキラキラ輝かせながら、更にテンションアップしてしまった、
FORTNUM & MASON(フォートナム&メイソン)』でのアフタヌーンティータイム!



日本でも、近年さらなるブームであるアフタヌーンティーは、FB投稿でも男女ともに人気がありました。


ちなみに、フォートナム氏&メイソン氏が毎時登場する時計ネタはTwitterに投稿しています♪




お腹がしっかり満たされた後は、地下鉄にのって移動。『Kensington Palace(ケンジントン宮殿)』へ。



隣接する『ケンジントン公園』といえば、ジョニー・デップ主演の『ネバーランド』でも登場した有名な場所。
私が小さな頃から大好きだった『ピーター・パン』の原作とケンジントン公園とは、ゆかりのある場所。
いつか訪れてみたい!と願っていた夢が、ついに叶いました。




ケンジントン宮殿は、今ではキャサリン妃とウィリアム、ジョージ王子が居住中。
あのヴィクトリア女王が生まれ、少女時代を過ごした場所でもあります。
(かつてはダイアナ元妃も住んでいたことでも有名ですよね。)


美しい庭園と壮大な宮殿内は見学することも出来るため、詳しくはコチラからもご確認ください。

Lovely…!!! @Kensington Palace #cx2britain #England #London

Izumin Chanさん(@izumanix)が投稿した写真 -








※ダイアナが描かれた壁がカワイイ!そして、お化粧室を示すマークも素敵すぎる!!








こうやって軽く振り返るだけでも、充実したスケジュールだったことを実感!!!




ロンドン観光篇は長くなりそうなので、引きつづき後編へと続きます♪



izumin


【まとめ:キャセイパシフィック航空で行くマンチェスター&ロンドンの旅】INDEX



※「1度で2度おいしい!キャセイパシフィック航空で行くマンチェスター&ロンドンの旅」の概要は>>コチラ


 (本企画は、「英国政府観光庁」と「キャセイパシフィック航空」によりご招待頂きました。)